シンプルな投資で会社に縛られないお金を手に入れる。「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」【書評・感想】

読書記録
ゆきち
ゆきち

会社に縛られずに生きたーい!(毎回言ってるなコイツ)

自分が自分らしく生きるためにどうしてもお金は人生には必要ですね。


今回読んだ「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」では、自由に生きるための会社に縛られないお金を得るためのシンプルなお金への向き合い方と投資法を教えてくれます。

投資初心者〜中級者くらいにおすすめ(★★★★☆)

あなたがもし投資を始めて1年以上投資についてある程度の知識を持っているならきっと役に立つと思います。

シンプルライフやミニマリストがライフスタイルとして定着しつつある今、投資に関してもシンプルであることは良い考え方だと思いました。

著者のプロフィール

[著者]ジェイエル・コリンズ(JL Collins)

ファイナンシャル・ブロガー(ブログ「jlcollinsnh.com」主催)。

1975年から投資を行っている個人投資家。何度も転職する中で、収入の範囲内で生活するようになり、気がつけば夫婦どちらも働かなくても暮らせるようになっていた。実践したのはシンプルな投資だけ。収入の半分を投資、借金をしない、バンガード創業者ジャック・ボーグルの教えに従ってインデックスファンドに投資する。これだけで経済的自由を手に入れた。

2011年、娘宛てに「お金と投資」についての手紙をしたためる。その内容をブログに発表すると、世界中から注目されるようになる。

親は子供の幸せをいつでも願ってるものです。
親からのメッセージって響きますね…

本の概要

著者ジェイル・コリンズが娘に対して宛てた人生のお金に関する大事なことが記してあります。

お金に対するシンプルな向き合い方

  • 支出は稼ぎより少なくする
  • 余りは投資する
  • 借金をしない

ただこの3つが会社に縛られないためのお金をつくる

投資もシンプルに

特に投資は複雑なようにみえますが、その投資に対してもシンプルな提案をしています。

  • インデックス投資をする
  • 購入するファンドはヴァンガードのもの(VTSAX)を購入する

以上の2つです。

結論:こねくり回すアクティブ投資よりインデックス投資

本書では投資法としてオススメしているのがインデックス投資です。

インデックス投資…日経平均やTOPIX、S&P500、ダウ平均のような株価指数(インデックス)と同じ値動きを目指す投資方法。

アクティブ投資…インデックス投資を上回る成績を目指す運用スタイルのことです。

彼の教えはとてもシンプルです。

①支出<収入

②余りは投資に回す

③借金をしない

④投資対象はインデックス投資

⑤購入ファンドはバンガード(VTSAX)のもの

以上を実践すればお金の不安がない「会社に縛られないお金」を手に入れることができるとういうことです。

自分の投資遍歴を振り返ってみる

ここからはこの記事の著者ゆきち(@yukichi_kamo)の経験と反省をしていきます。

ゆきち
ゆきち

投資歴2018年から2年ほどが経ちました。

優待個別株投資→つみたてNISA(インデックス投資)→優待クロス取引→米国株ETF・国内高配当株と経験してきました。

2020年3月のコロナ暴落により狼狽

懺悔します。2020年3月、株式市場は全成果的に暴落しました。

その際に、保有していた株式を含み損に耐えきれず損切りをしました。

その損切りをカバーしようと、暴落しそうな株を空売りをしたり、自分のよくわからないものに投機をして更に損失を出してしまいました。。。

結論:2020年6月には、ほぼ株価は戻っている

株価の回復までの期間が今回は早かっただけで、下がり続けていたかもしれません。

ただ、自分の投資ルールもなく、感情的に毎日下がる株価に耐えられなかったのです。

もし、売ったとしても自分に投資のルールがあれば納得できたはずです。

自分はウォーレン・バフェットではないことに気づく

著者コリンズもインデックス投資に行き着くまではアクティブ投資でインデックス投資を超える利益を得ようとしていたのです。

しかし、プロが運用するアクティブ投資信託の中でもインデックス投資を上回る結果を得るのは難しいのは過去の運用成績からも明らかです。

本書のなかでも個人投資家で有名なウォーレン・バフェット氏であるなら別ですが、私達はウォーレン・バフェットではないことを気づくべきだと書いてあります。

みなさんもちろんウォーレン・バフェット氏ではありません。

投資のプロでさえ、インデックス投資を上回ることは難しいのです。

個人投資家の私達が短期的に利益を得ることができてもそれは一時的なことになるでしょう。

今後の投資方針 インデックス投資1本に

私個人的に、投資方針を見直すことになりました。

基本は、インデックス投資一本にします。

私はウォーレン・バフェット氏でもなければ、投資のをプロではありません。

市場の利回りに私の運用が勝てるとは1ミリも思わないからです!

個別株投資は基本的に趣味として、クロス取引で優待を楽しもうと考えています。
(株主優待はもらいたい〜〜〜)

まとめ

投資歴間もない初心者投資家の私にとっては良い教訓になりました。

また、彼が宛てた娘の年齢にも近く共感が持てます。
彼自身がもっと若くから「こうしておけばよかった」という結論を先に教えてくれているのです。

この著者だけに言えることではないのですが、多くの投資家が失敗し、教訓としてきたことが本書には詰まっています。

先人の教えは偉大です

特に私達のような20代から投資を始めたような初心者よりも何倍の資金を損をし、失敗をした経験を教えてくれます

そのような先人が示してくれる教えは素直に聞いておくことにしました。

タイトルとURLをコピーしました