お金の失敗談。総額約150万円│26歳で過去後悔しているお金の使い方5つ

家計管理・節約
ゆきち
ゆきち

こんにちは!日々貯金にいそしんでいるただの主婦です!

日々貯金を頑張っている私ですが、お金の使い方はクソ下手です。
今回は私が過去に後悔しているお金の使い道について紹介します!

ブランド品

浪費金額:10万〜20万

大学生の時にクレジットカードを初めて持ち、分割払いで財布やら服やら購入していました。
当時は2万弱くらいの財布を購入しましたが当時大金で、一括ではなく3,4回分割にしてました。

今思うと分割にしてまでほしいものだったか謎ですし。
欲しかったとしても見栄による物欲だったと思います。

高校生まで雑貨屋で買ったクソださ財布使ってたので周りの女子大生みたいになりたかったんでしょうね。
周りもブランドものの財布を持っている人が多かったですしね。

同じ感覚でコートや洋服も何度かカード分割払いで購入しましたね。
当時は利息とか全く気にしていませんでした…。

ゆきち
ゆきち

カードローンやショッピングリボなんて誰が使うねんて人いるかもしれませんがお金の使い方が下手な人は割と使います。

高い基礎化粧品

浪費金額:10万円

化粧品、とくに「スキンケアは高いものつかったほうがいい!」と言われてますが。
高すぎると話が別です。

社会人になって、実家暮らしのため結構リッチにお金を使えました。

就職したばかり+パワハラストレスフルな職場で肌荒れとニキビがすごい時期がありました。

色々な市販の化粧水(3,000円~5,000円帯)を使ってたのですが一向に改善せずに皮膚科へ。

美容皮膚科処方の保険適用外のスキンケアセット3か月分5万円とかを使用していました。

結果継続できず、ケチって使ったり中途半端なケアに。。。
効果はありましたが最後まで通うことはできませんでした。

今思うと

  • 皮膚科の保険内診療(1回数千円で済む)
  • 日常のストレスを減らす(転職してニキビが激減)
  • 布類をこまめに洗う

以上を行うほうが高いスキンケアより効果ありました。

脱毛

浪費金額:約60万円

私の脱毛遍歴

脱毛ローション → 剃刀・脱毛クリーム → 家庭用脱毛器(2台)→ 光エステ脱毛(A社)→光エステ脱毛(B社)

脱毛はやってよかったものでもあり、後悔しているものでもあります。

いわゆる自己処理、脱毛ローション・カミソリ・脱毛クリームは処理しても生えてきてしまいます。カミソリなんかの替刃って割と高かったり、2〜3万くらいは使ったと思います。

次に家庭用脱毛器を2台試しました。
Panasonicの光エステ(当時2万円)とケノン(当時7万円)を購入しました。
光エステはめちゃくちゃ痛くてあまり効果を感じなかったですね。
ケノンは効果はあったんですが、全身するとめんどくさくて全裸で4〜5時間一人で毛と向き合うのはしんどかったです。笑

次に光エステのお試しから部分脱毛の回数コースを契約しました。当時大学生、部分コースでさえ割高だったのですがそれを分割支払いしていました。約15万円で月1万円支払い、利息は500円ついてたと思います。

社会人になってエステ脱毛の全身脱毛コースを30万で契約しました。
実際、脱毛の技術は進歩していますし価格も医療脱毛も安くなってきていますのでちょっと後悔です。

脱毛自体はやってよかったと思うのですが、かかるお金が多すぎました。

ゆきち
ゆきち

まじで毛を倒すために50万以上かかっていますのでね。

ギャンブル

浪費金額:20~30万円

女性では珍しいかもしれませんが、ギャンブル好きでした。

大学生のころに始めた麻雀と当時付き合ってた彼氏の影響でパチンコ・パチスロなどなど…(ゴミ)
本当に時間とお金の無駄としか言えませんでした。笑

何より、勝っても負けても虚無感に襲われるんですよね。
楽しく感じなくなって辞めた人なので過度な依存にならず良かったほうだと思います。

徹夜で雀荘で麻雀を打ったり、パチンコ・スロットもよく遊んでました。
ちょうど好きなアニメやゲームの台なんかが出て涼宮ハルヒの憂鬱や薄桜鬼なんか好きでしたね。

ゆきち
ゆきち

勝つときもありましたが、平均して月3~4万は負けていたと思います。
あまり勝った印象ないな。

元カレへの貸したお金

貸したお金:40万円弱

中卒ニートの彼氏と付き合ってた時に彼に貸したお金総額40万弱です。

結果的に全額返ってきたので良かったのですが、今考えると本来返ってこなかったお金かもしれません。

彼もギャンブル好きで、ちゃんと働いていなかったこともありいろいろとお金を貸したり、デート代を立替たりしていました。
携帯も止められて、契約できなかったので私名義で契約して支払いもしてました。笑

返ってきたんなら良いじゃんと思いますでしょうが。

貸すことは自分にも相手にも悪いことしか起きません。

嫌でも債権者と債務者という上下の力関係が自然とはたらきます。
何気ないときに「お金貸してやってるのに」という不満や、「お金を借りているから」という負い目がでます。

「お金を貸すときはあげるつもり」で、なんて言いますが自分にもお金が必要になったとき「あのお金返してほしい」と絶対になるので無理です。

いろいろと学びましたが、心労やストレスもあったので二度と味わいたくないですし、深刻なトラブルに発展する可能性もあるので経験しないほうがいいと思います。

まとめ

以上、使った総額150万円。(内40万は返してもらいましたが)
私が後悔したお金の使い方について紹介しました!

今こうやって節約や貯金にいそしんでいますが、過去は浪費家でしたしお金の扱い方もかなり下手でした。

ジャンルでいうと

  • 服飾
  • 美容
  • ギャンブル
  • 恋愛

いづれもお金かければ天井がなく、誰もが浪費する可能性があるモノだと思います。

もったいないお金だったなとは思いますが、全て人生の勉強料だと納得しました。
自分がお金との付き合い方が下手だと20代後半までに気づけてよかったと思います。

ゆきち
ゆきち

人生破壊されないレベルでの失敗は経験値としていいかもしれません。
実際こうやってネタにしてよく話してますし(笑)

しかし、戻れるならばこういったお金の使い方はもうしたくないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました