今すぐ専業主婦やセミリタイアは無理そうだからしばらくは働くことにした。

雑記
ゆきち
ゆきち

20代コミュ障陰キャ主婦、働くのが苦手だよ!ゆきちです!

ちょこちょこ専業主婦やセミリタイアについての記事を書いてきましたが、最近はセミリタイアに恋い焦がれるほど自分がセミリタイアできる身分ではないことに気づきつつあります。

20代都内一般的な会社員家庭で専業主婦は無理

私が現在仕事を辞めて専業主婦になるとすると、旦那の収入だけに依存することになります。

旦那は年収約370万円前後です。一般的な20代後半の年収の中央値が概ね340万円*なので、我が家は一般家庭のようです。ただ、妻が専業主婦をするには難しい家計ではあります。
*参考:平成30年賃金構造基本統計調査(「月収中央値 × 12 + 平均賞与」で算出)

▼現在の支出内訳がこちら

現在はお互いに生活費を出し合って残った分はお互いの支払いやお小遣いとしています。

月間の支出は固定費12万円+変動費6万円+奨学金・保険(彼)2万円+お小遣い10万円合計30万円です。

もし、私の収入がなくなったら、彼の手取りが今23万円ほどなので、約7万円不足します。
お小遣いを減らしたとしても全く貯金ができない家計になります
(実際はお互いのお小遣いは使い切っていないので減らせますが・・・。)

ゆきち
ゆきち

夫婦ふたり暮らしでも苦しいのに子どもがいたら絶対生活できません。

▼合わせて読みたい

女性の資産形成は結婚・出産・育児で中断する

女性でFIRE(経済的独立と早期退職)は、結婚・出産・育児などで仕事や収入に関して不確定な要素も多く、時間がかかり、実現に難しいように感じます。

資産形成には時間がかかります。
10年〜20年の勤労収入および株式投資などによってコツコツ資産を積み上げて40代で3,000万円貯めてセミリタイアできるラインに立てます。

女性の場合、子どもを望むのであれば、20代のうちに結婚出産をしておきたいと考えます。
結婚で転職や環境が変わったり、出産や育児で給与が減ったり、夫の転勤などを理由に辞めることもあるでしょう。

結婚出産を希望する女性が、20代後半までにセミリタイアできるほどの資産を積み上げるのはなかなか難しいと思います。

結婚後は夫婦家計を一緒にする場合も多く、結婚後に築いた資産は夫婦ふたりのものです。
もし早期リタイアを希望するならパートナーの理解が必要です。

ゆきち
ゆきち

私だけの資産でセミリタイアは無理だけど、二人で積み上げた資産でセミリタイア主婦になることは可能かも…?

世帯貯蓄3,000万円貯めるまでに何年かかるか?

それでは、パートナーがセミリタイア主婦を許容してくれる場合、妻がセミリタイアする世帯貯蓄のラインを3,000万円とします。

▼合わせて読みたい

我が家の場合、3,000万円貯蓄するまでに何年かかるのかざっくり計算すると30歳から約15年45歳のときに達成しそうです。

▼30歳時点での資産内訳

預貯金:700万円
株式投資:360万円

合計貯蓄:1,000万円

以降は、年間の貯蓄額が100万円(内訳が60万円が投資信託、40万円が預金の割合)で貯蓄しています。

15年間の預貯金の合計

年間40万円×15年=600万円

30歳までの預貯金資産と合わせて預金は1,300万円になります。

15年間の投資額の合計

株式投資・投資信託は年利3%で運用できたとして、月5万円づつ積み立てていきます。

シミュレーター:MSN貯蓄計算

年利 3% で毎月 ¥50,000 を 15 年間投資した場合、30歳時の投資額も合わせて貯畜額は約1,700万円になります。
(累積投資 1,260万円・累計利息 約440万円)

15年間の貯蓄額の合計は3,000万円

  • 30歳時点で1,000万円(預貯金700万/投資300万円)の貯蓄からスタート
  • 年間貯蓄額100万円(預貯金40万/投資60万円)をキープ
  • 15年間、以上の内容で貯蓄
  • 投資は年利3%で運用できた場合

以上の条件で、45歳でようやく世帯貯蓄が3,000万円を突破します。

※この試算には出産や育児にかかるお金は含まれていません。
あくまで以上の条件をキープできたら世帯貯蓄3,000万円が達成できるなという取らぬ狸の皮算用でございます。

ゆきち
ゆきち

実際30歳で出産した場合は、自分が45歳のとき、子どもは15〜16歳でしょう。
教育費がかかるタイミングで貯蓄をキープできているかは怪しいですし、働けるなら子どものために働いてそうです。

それでも働きたくなかったら何かを諦めるしかない

とにかくFIRE(経済的独立と早期退職)は時間がかかるよ!っていうことです。

世帯貯蓄3,000万円を貯蓄するには、上記の条件を達成する必要があります。
夫婦ふたり共働きで15年働けば十分達成できるレベルではあります。
その場合は子どもを産まない、住宅を購入しない、車を購入しない選択を選べば比較的金銭的余裕を持って過ごすことはできると思います。

人によっては子どもを望まなかったり、住宅や車の購入は興味がない人もいます。
そういう人は生活コストが低いですしFIREに向いていると思います。

もし、どれかを望んでいてセミリタイアも叶えたいよ!って人は長期戦を覚悟して計画的に貯蓄を頑張りましょう。

ゆきち
ゆきち

家庭を持つセミリタイアさんは本当にすごい!

ということで、しばらく働き続けることにした

私も専業主婦やセミリタイアに憧れていましたが、働くことを前提に生きたほうがいいなと思ったのは、自分が子どもを望んでいることが一番大きな理由です。

人生は思いがけない出来事の連続ですので、計画通りに貯蓄ができるとは限りません。
子どもがなかなかできず不妊治療費がかかるかもしれない、逆に思いがけず2人、3人と妊娠出産をするかもしれない…。

金銭的余裕がなくても、セミリタイアできなくても子どもは持つ選択をしたいと思います。

子どもは産んだあとは「やーめた」とすることはできないので、自分はセミリタイアできる身分ではなかったことを受け入れつつ労働に勤しむことにしました。

ゆきち
ゆきち

その代わり、他の面でコストを下げていけばいいのです。
我が家の場合、車&家は購入できそうにありませんが、仕方ないかなと思います。

セミリタイアへのマインドや勉強は無駄にならない

セミリタイアしたいな、と思ってたくさんの本を読みましたし、動画やセミリタイア生活を実践する人のブログも読んで勉強しました。

今まで知らなかった株式投資法や情報やお金に対する考え方も随分参考になって、実際に貯蓄のペースは早くなりました。
副収入を得たいという理由でブログを開設することもできました。
(ブログは収入があるとは言えませんが、アウトプットすることが楽しいので始めて良かったなと思っています。)

セミリタイアに関して実現は長い道のり&予期せぬ出来事の連続で難しいですが、培った節約マインドやお金の知識を利用してこれからも自分や家族が幸せになれる生き方を模索していこうと思います。

ゆきち
ゆきち

まあ人生予期出来ないことばかりなので、なるべく長く気楽に働いていける方法を考えていくのが今の自分には合っているかなと思いました。

読んでくださりありがとうございました。
▼記事が良かったら、クリックよろしくおねがいします

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました