(9980)MRKホールディングス(株)2020年 株主優待到着!株主優待改悪?

株主優待

2020年3月権利確定分のMRKホールディングス株の優待が到着しましたので紹介します。

ライザップグループの株主優待が好きだったので、取得資金が少なくてすむMRKホールディングスの株を現物で所持しました。

昨年と比べて株主優待が改悪されています!

・交換レートが上がっていて、ポイント価値が約25%減少している。
(3,000ポイントで交換できたものが4,000ポイント必要。)

2020年3月 MRKホールディングスの優待取得費用

取得単価:171円 数量100株 =17,100円
売却単価:153円 数量100株  =15,300円
手数料:55円

(損益:▲1,855)

MRKホールディングスは新規空売り禁止銘柄なので制度信用・一般信用ともにクロス取引はできません。

今回は、権利確定日に購入して、権利落ち日に売却しました。

ゆきち
ゆきち

権利落ちの値下がりでも優待相当の4,000ptの商品でプラスになるかな〜

残念ながら2020年3月権利分の優待は改悪されていましたので、ほぼプラマイゼロになりました。

実際4,000ポイントの価値が下がっていなければ少しお得になる予定でした。

2020年3月期 MRKホールディングスの配当・株主優待

(1)RIZAPグループ商品との交換ポイント
  …100株 4,000ポイント

(2)マルコ店舗での購入20%割引券
  …100株 2枚

2020年3月期の配当は1株あたりの配当金1円、100株で100円の配当でした。

株主優待のご案内は6月下旬に届き、インターネットの優待サイトより7月上旬から申込み開始でした。

MRKホールディングス優待品の一例(4,000ポイントで交換)

株主優待は4,000ポイント分の自社製品が交換できます。前回までは一応4,000円相当と交換できましたが、今回4,000ポイントで交換できる商品の一例は以下の通り。

 

Amazonでは「どろあわわ」や「くろあわわ」はかなり値引きされて安く購入できます。この中で普通に購入するならば「どろあわわ ホットクレイジェル」が一番高い商品です。

2020年3月期は実質株主優待改悪!

MRKホールディングスはライザップグループのひとつです。
ライザップグループの商品やサービスと交換できます。

大体1,000ポイント=1,000円の前回価値はありました。

しかし、今回は1,000ポイントあたり750円くらいの価値ほどになっているようです。
優待価値的には25%ほど下がっていると思われます。

前までの交換レートと比べると明らかですね。

どろあわわ3,000pt→4,000pt

タオルセット1,000pt→2,000pt

前までは4,000ポイントの使いみちは上記のようにどろあわわとタオルセットと決めていたのですが

どろあわわにしか交換できませんでした〜。

今回のように、自社ポイントの交換比率は自由に設定できるゆえにいつの間にか優待改悪されるケースもあるようです。
しかし、明らかに交換できる品物が少なくなっているので非常に残念です。

そもそもどろあわわも公式サイトで2,728円(込)なので、どう考えてもポイントの交換レートが悪すぎますね。

Amazonでは1,839円(込)なので、もはやお得感はないですね…。

これから優待廃止や株価値下がりを考えると次回からはどろあわわ目的ならばAmazonで購入しようと思います。笑

どろあわわ頼みました。優待品は楽しみです!

今回の教訓!

自社ポイントの交換比率が変わって優待改悪されることがある!

コメント

タイトルとURLをコピーしました