【2021年版】同棲・新婚カップルから始める!お金の管理方法と貯金のコツ【節約・貯金術】

節約

新婚生活、ウキウキだけどお金足りるかな〜?
結婚式のために貯金もしなきゃいけないし、DINKsのお金の管理ってどうしたらいいかな〜

今回はそんなDINKs・新婚カップル向けのお金の管理法・貯金節約術についてまとめました。

ゆきち
ゆきち

こんにちは、DINKs新婚夫婦のゆきちです。
節約・貯金が好きで年間100万円くらい貯金しています。

DINKsカップルはお金の管理をしっかりすれば年間100万円以上の貯金が可能ですので、ぜひ参考にしてみてください。

節約・貯金の前にやっておきたい3つのこと

いきなり節約・貯金をやってみよう!と思っても何から手をつけてよいか迷います。

まずは、1.目標を設定 2.家計簿で収支把握  3.お金の管理法を決めてみましょう。
ここで節約貯金をする理由、どこを節約すればいいかの把握、どうやったら貯金できるのか考えるとその人に合った節約貯金の方法ができるようになります。

目標金額や目的を設定する

やみくもにとりあえず貯金しよう!と思ってもなかなか続きません。

まずは、貯金をする目的やそのために必要な目標金額を決めます。

同棲・新婚カップルは引っ越し・結婚・妊娠・出産などお金がかかるライフイベントがたくさんあります。

・結婚式までに200万円貯金しよう!
・新婚旅行に50万円貯金しよう!

と目標を設定しておくことで計画的に貯金ができる一歩となります。

1年で100万円など具体的に期間が決まっていれば、毎月8万円ほどの貯金が必要となることが計算できます。
毎月8万円貯金するためにはどうするか考えたり、実際に8万円お金が残るように支出をコントロールできるようになります。

まずはお金の話し合いから始めよう

家計簿をつけて収支を把握する

貯金ができないカップルは、まずお金がどれくらい入ってきてどのくらい使っているのか収支を把握しましょう。

家計簿をつけることは収支を把握するのに役立ちます。

①収入②支出③貯蓄

を把握すれば、どこを改善すべきか見えてきます。

人によっては収入を増やす、節約をして支出を減らす、貯金を無理ない金額に設定するなど状況によって最適なお金の管理が見つかります。

▼ Googleスプレッドシートは共有もできるし良き

わが家の家計簿はこんな感じです。

夫婦に合ったお金の管理方法を決める

DINKs夫婦などお互いに収入がある場合、生活費の分担や貯金などのお金の管理方法やルールは事前に話し合うことをおすすめします。

最初にルールを決めておけば、毎月の家計管理がとてもラクになります。

二人暮らしの家計管理方法

1.お財布が完全に一緒

ふたりの収入全額を共通口座に入れて管理する方法です。
そこから生活費・お小遣い・貯蓄と振り分けます。

メリット収支が分かりやすい、管理がラク。より多く貯蓄ができる。
デメリットお小遣い制なので自由にお金を使えない。

2.お財布が完全に別

生活費の中で負担する部分を決めておく方法です。
家賃・光熱費などのを夫が支払う、食費・日用品などは妻が支払うなど収入差などによって負担する部分を調整します。
貯蓄は、それぞれお互いで貯蓄します。

メリット自由に使えるお金があるのでストレスがない
デメリット家計管理がしにくい。つい使いすぎて貯蓄ができない。

3.お財布が半分別(オススメ)

生活費の予算と負担額を決めて、毎月決まった額を共通口座に入れて管理します。
残業や臨時収入があって収入が多いときは自分のお小遣いになるので完全にお財布が一緒のときより自由にお金が使える。

メリット家計管理がしやすい。負担額の調整ができる。比較的自由にお金がつかえる。
デメリット財布が完全に一緒のときより貯まりにくい

▼合わせて読みたい

固定費を節約する

固定費は、家賃・ガス代・水道料金・電気代・ネット代・スマホ代など支払い金額が概ね決まっているものです。


 実際に節約になった固定費の金額

電気代…東京電力 → loopでんきに変更 年間約4,000円節約

ガス代…東京ガス→loopガスに変更 年間約1,000円節約

スマホ代…大手キャリア→楽天モバイルに変更 2人分年間約12万円節約

固定費が1番節約効果高い項目です。

特に光熱費・スマホ代・ネット代は利用する会社を乗り換えるだけで簡単に済みます。
一瞬めんどくさいですが、乗り換えてしまえば特に何も我慢することなく安くなるので1番最初に手をつけましょう。

▼ 固定費を節約できるおすすめサービス

・Loopでんき/Loopガス オススメ!

基本料金0円で使用分だけの請求。東京電力から乗り換えで年間4,000円くらい電気代安くなりました。
ガスも一緒に乗り換えできます。でんき+ガスのおまとめ割引もあってお得。

・楽天モバイル オススメ!

通話・通信量無制限で最大3,278円。通信量が1GB以下なら無料、1~3GBで1,078円、3~20GBなら2,178円と破格。今なら1年間無料キャンペーンをやっています。

簡単おすすめ節約テクニック

「ケチケチした節約は嫌だ!」「我慢するのは苦手!」

という人はお金を使わないようにするとストレスが溜まってストレスのためにお買い物をしてしまったりと逆効果です。

そんな人のためには普段のちょっとした行動を変えるだけで節約になるテクニックを使いましょう。

クレジットカードを使う…カード会社によって0.5%〜1%のポイント還元あり

ネット銀行を使う…金利が大手メガバンクより良い。振込手数料が無料・ATM手数料が無料(*条件あり)

ATMを使わない…キャッシュレス中心の生活にしてATM手数料を払う回数を減らす。

おまけ

楽天市場

ネット通販を使う人には楽天市場でお買い物をすることをおすすめします。

前提として楽天カード、楽天銀行などの楽天サービスを複数利用していることがお得を最大にできる条件となります。

ゆきち
ゆきち

今までおすすめした「楽天モバイル」「楽天銀行」「楽天カード」などの楽天のサービスは私的にもおすすめです。節約・貯蓄界隈では楽天経済圏といって当たり前のように利用されいます。

▼ お得なセール期間「楽天お買い物マラソン」「楽天スーパーセール」を利用すれば20%以上のポイント還元率でお買い物ができます。

ふるさと納税

ふるさと納税は、自己負担2000円で豪華な返礼品を貰えるお得な制度です。
DINKs夫婦であれば、2人とも収入があって税負担も大きいです。
ふるさと納税をすれば、豪華な返礼品が貰えるので食費や日用品の節約にもなります。

▼ふるさと納税でもらえる返礼品紹介

番外編 お金を使わない趣味は最高の節約になる

おまけとして、お金を使わない趣味を持てば娯楽費が格段に節約になります。

人によっては趣味にお金かけなくても十分楽しめる人もいます。

ゆきち
ゆきち

私もその1人でコミュ障隠キャなので、だいたい読書+動画鑑賞+無料ゲームで事足ります。

外出したいときはぷらっと本屋に行ってパン屋でパンを購入し、公園で過ごすだけでも相当満足できます。


ただし、旅行や飲み会が好き!という人に家で読書しろ、動画見ろというのは酷な話です。笑

普段から節約・貯金の仕組みができていればその分趣味や好きなことにはお金がかけられます。
固定費の節約だったり、節約テクニックを利用してお金の使い所に優先順位がつけられるように仕組みづくりをしておきたいですね。

記事が良かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました