都内ふたり暮らし 2020年3月家計簿公開

家計簿

こんにちは、ゆきちと申します。
都内在住26才あまり働かないOLです。
ふたり暮らしのお金ってどのくらいかかるの?と気になりますよね。
住む地域によって必要な費用は変わりますが、都内ふたり暮らしの
彼氏とゆる同棲中の我が家の家計簿を公開しようと思います~。

我が家について

基本スペック
・構成要員… 私(26才会社員)・彼(26才会社員)・フェレットちゃん(7歳持病有)
・彼とは婚約中(仮)
・都内23区内在住・1DK・賃貸住み
・もちろん車なし

生活費について
・生活費は定額28万円でやりくり。(私13万円・彼15万円入金)
・生活費以外はお互いのお小遣い。使い道には干渉しない。
・ペット費用はゆきちお小遣いから出費。

2020年3月の収支と家計簿

まず、3月の収支から報告します。
3月の収支は以下の通りです!

都内二人暮らし2020年3月の収支

 

生活費予算(入金額) 280,000円
支出 188,588円
収支 +91,412円

3月の収支(貯蓄額)は+91,412円でした。(内1万円投資信託を含む)
収支は+10万円を目指しているので3月は目標を下回ってしまいました…。
毎月10万円貯蓄はなかなか難しいですね~。

続いて収支の内訳・家計簿をご紹介します。

都内二人暮らし2020年3月の家計簿

固定費
家賃 97,000円
光熱費
(電気・ガス・水道)
16,709円
(電気12,416円 ガス4,293円)
水道は2ヵ月おき
通信費
(インターネット料金・
携帯料金2台分)
9,452円
 小計 123,161円
変動費
食費 31,937円
外食費 10,282円
日用品 2,362円
娯楽費 4,650円
医療費 1,607円
雑費 7,590円
特別な出費 6,999円
小計 65,427円
支出合計 188,588円
貯蓄
先取り貯金 50,000円
投資信託 10,000円
残し貯め 31,412円
貯蓄合計 91,412円

 

今月の振り返り

電気代が高い・・・!

引っ越しの際にLoopでんきを乗り換えたので安くなっているはずなのですが、
フェレットを飼っているので、冬は暖房・夏は冷房をつけっ放し。

仕方のないことなのですが、エアコンの代用として
ミニホットカーペットなどをケージの下に敷いたりした方が電気代ははるかに安くなると思います。


雑費・特別な出費は楽天スーパーSALEのお買い物

消耗品以外の雑貨などは雑費に分類しています。
楽天スーパーSALEで毛玉とり機・ヘアカット用のはさみなど雑貨を購入しました。

家具などは特別な出費に分類しています。
インスタ等で人気のバスケットローリーを購入しました!



コロナウィルス感染拡大防止のためお出かけ自粛

3月中旬から本格的にコロナウィルスが感染拡大してきました。
都内在住のゆきち家でも3月以降おでかけや旅行を計画していたのですが、

残念ながらキャンセルをしました…。

その代わりテイクアウトやUberEatsなどの外食費がかさみました^^;

4月の目標と出費予定

4月は本来予定していた旅行やお出かけの計画が無くなってしまいました…
デートも家で過ごしたり、運動するための公園へ散歩をする予定です!
あまりお金を使うことはなさそうです。


その反面、我が家へも経済的影響が実際に出てきそうです。


ゆきちの会社では会社からの指定で週3日程度の勤務へ変更。
本来出勤するはずの日のお給料は休業補償で日給の9割補償とのこと。


出勤せずに9割お給料はもらえると考えていいのか・・・
しかし、収入が1割減ると考えると家計への影響は大です。


このまま外出自粛などが続けば企業の資金繰りも心配です、、、
もしものときのために多少は貯金があれば心が安定しますよね。
精神の健康のためにも節約に精がでます!

お金はお守り!

ともあれ、4月もゆるく節約貯金頑張ります!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました