節約には限界が見えた…。節約は頑張りすぎないほうがいい理由。

節約
ゆきち
ゆきち

もうぶっちゃけ節約できるところがない、ゆきちです。

将来のため、欲しいもののため貯金はしっかりしておきたいものです。

今回は、毎日節約を意識して疲れたよー、もう節約するところないよー、って方に読んでほしい記事です。

最近、あまり無理して節約するのはやめようと思った理由を紹介します。

節約には上限がある

まず、節約には限界があります
節約を頑張りすぎると、最終的には10円や1円を節約する世界へ入ってしまいます。

ゆきち
ゆきち

そこまでいってしまうとめちゃくちゃ疲れます。

節約はいかに支出を減らせるかの挑戦です。
貯金は、毎月の収入から支出を引いた残りになります。

支出の中には絶対に払わなければならない家賃・水光熱費・スマホ代などの固定費、生きていくための食費、日用品費も欠かせません。

▼ 当たり前公式

収入(給料)ー支出(生活費)=貯金

ただ、この支出の部分ってある程度節約を意識してしまうと限界を迎えることに気づきました。

固定費は1回見直せば、しばらく気にしないでいい

ここでは固定費を毎月おおよそ一定の支払いがある、「家賃」・「水光熱費」・「スマホ代」・「ネット代」などを指します。

これらの節約で今いちばん効果があるのは、利用しているプランや会社を見直しして、毎月の支払を安くする方法です。

具体的には

・家賃→家賃の安いところへ引っ越し
・水光熱費→電力会社・ガス会社の乗り換え
・スマホ代→格安SIMやMVMOなどに乗り換え
・ネット代→通信会社の乗り換え

など基本的に利用するサービスを変えてしまえば、毎月の支払が安くなります。

1度変えてしまえば、あとは普段の生活で意識して節約することはないのです。
やってしまえば寝ててOK。やることはないのです。

食費や娯楽費を節約するとストレスがたまる

固定費の節約がこれ以上できないならば、食費・娯楽費などの変動費を節約することになります。

この食費や娯楽費などは極端に節約することはストレスにつながるのでおすすめできません。

大事なのは自分が必要なラインからいかに無駄遣いをしないか意識することです。

例えば、

・外食の頻度を下げる
・無駄な会社の飲み会には行かない
・ブランド品などはよく考えて買う

など、固定費よりもその人によって使い方も節約のやりかたも変わってきます。

個人的には友人との交際費や、家族との旅行などはその時だからこそ楽しめるとても価値あるお金の使い方だと思います。

合わない節約はやらないほうがマシ

自分に合ってないなという節約方法はかえってストレスになります。

私は食費を抑えるために昼食はもっぱらお弁当を持参していますが、結構めんどくさい日もあります。

あまり毎日お弁当作りは疲れてしまった日はしんどいので、無理な日は作りません。

コンビニや外食は割高かもしれませんが、美味しい昼食+お弁当作り、調理器具の洗いお弁当箱洗いからの解放付きなのでコスパが良いかもしれません。

料理やお弁当作りたくない人は別にがんばって作らなくていいんです。
かえってストレスになるので、外食や自炊以外の食事は必要経費だと思います。

他の人とは比べない

SNSやyoutubeの節約家さんを見渡すと一人暮らし食費1万円、2人暮らし食費2万円で暮らしている人もいます。

個人的にすごい!と思いますし、私のもできるかも?と思い参考にしますが絶対に無理ですね。
そこまでできる人は我慢ばかりでなく、楽しんで節約をしていると思います。

圧倒的に少ない食費で生活できる人もいますが、我が家は食費+外食で毎月4万くらい出費しています。
月2万円で暮らせるひとに比べたら割高ですが、外食は普段とは違うものが食べられるし、調理や片付けの手間がないので外食の日はゆっくり過ごせます。

それだけで1回数千円の価値は確かにあると納得していますし、満足しています。

ここで変に、「月2万円に食費を抑えなきゃ!」と思うと外食なんて行けませんし、行っても楽しめませんよね。
他の人ができているからと言って自分も絶対にしなきゃいけないわけではありません。
無理なことも多々あるので、他の人のお財布事情は参考程度に自分が快適に過ごせるお金の使い方を考えることが大事になるかと思います。

節約には限界があるから無理しすぎず続ける

というわけで、節約には限度があるから無理しないで続けるのが一番良いですよね。

個人的におすすめは、予算を決めておいてその中でやりくりすることです。
我が家の予算はこんな感じです。

実は貯金が10万円となっていますが、結構ガバガバです。
それでも予算をオーバーすると気になるので毎月8万円くらいはコンスタントに貯蓄できています。

節約できるポイントは限界がありますし、人それぞれです。
自分に合わない節約を続けるとストレスに対して割が合わないのであればやめてしまいましょう。

お金が貯まる仕組みだけ作って、あとは無理せず生活を楽しんでいきましょう!

▼ 合わせて読みたい

\記事が良かったらクリックよろしくおねがいします/

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました