コミュ障陰キャの上京、東京は怖いと思ってたけど思ったより心地よい。

思ったこと
ゆきち
ゆきち

こんにちは、コミュ障陰キャ上京ガール(?)のゆきちです。

「幸せボンビーガール」という番組の中で、お金はないけど夢があって上京する女の子のお部屋探しなどを応援する「上京ガール」という企画が好きです。

ゆきち
ゆきち

一人暮らし用の物件や住む街並みをみるとわくわくしますね。

そんな私も、上京ガールといえば実録上京ガール。
2019年26歳の時に上京してから約2年が経とうとしています。

2年東京に住んでみて思うことを書き綴ろうかなと思います。

地元から離れるとは思っていなかった

私自身、東京に住むことは思ってもいなかった出来事でした。

コミュ障&陰キャかつ地元福岡に友人が多い私(実家暮らし)は、

ゆきち
ゆきち

まあ転職や一人暮らしはしても福岡から出ることなど一生なかろう

と思っていたわけです。

実家暮らしで父・母・飼い猫の家族も大好きでしたので何よりお金が貯まることに最大の喜びを感じていました。笑

上京することになった理由は同棲を機に地元福岡から彼が働く東京へ引越でした。

ゆきち
ゆきち

ライフイベント・特に結婚関係は本当に何が起こるか分からないですね~。

上京する前の不安① 東京で働くの怖い

東京で働くことに漠然と不安がありました。

上京前はド田舎の零細企業(ほぼ商店レベル)の会社で、事務員として働いていました。
わたしは就活などろくにせず地元の求人に出てる会社に入るほどの意識の低さで、スキルもない…。

東京と言えば日本の中心です。のんびり田舎暮らししていた私にとって東京で働くといえば…
「高層ビル!」「満員電車!」「残業!」「パワハラ!」「過労死!」とか勝手なよくわからんボヤっとしたネガティブイメージしかありませんでした。

地方出身のスキルなしで転職活動しても

ゆきち
ゆきち

私より年下で有能な人たちばっかりなんだろうな~、仕事あるんかな~、あってもブラックなんは嫌だな~

思っていました。そんなことなかったんですけどね。笑

上京する前の不安② 東京の人冷たそうで怖い

東京の人って冷たいってイメージありますよね。

実際、多分冷たくはないんですよね、1対1で話せば親切ですし。
東京の人って言うけど東京にいる人はほとんど地方出身の人なんですよね。笑

ただ、駅員さんとかお店の店員さん(チェーン店とか)などの接客業の人は田舎の人と違って素っ気ないと感じるかもしれません。

ああいう毎日多くの人と接しなければいけない仕事の人は、同じ質問をされたり同じ注意をしているのでどうしても冷たく感じられてしまいます。

お仕事でもプライベートでも東京にいるような人はみんな忙しくて、自分の興味関心ごと以外にはかまわない気がします。
その距離感がコミュ障陰キャの私にとってはわりと合っていますね。

上京する前の不安③ 東京、地震来そうで怖い

これは東日本大震災以降よく言われていますよね。
南海トラフ巨大地震がくるなんて噂の範疇だけでなく、予測までされているので心配です。

発生確率等の評価(地震調査委員会)

30年以内の発生確率:70% – 80% 程度

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87

気象庁では、1000年に1度起きるか起きないかで予測はしていないとあるものの、世間で騒がれるのも怖いですね。

ゆきち
ゆきち

これに関しては発生してしまったらどうしようもできないです。
家にはとりあえず災害対策グッズや非常食をたんまり買ってあります。

意外とフツーに東京で暮らしていけている

東京での生活を怖がっていたのですが、暮らしてみると意外とフツーに暮らしていけます。

それどころか、心地よく暮らしています。

ゆきち
ゆきち

電車はすぐ来るし、買い物には困らないし、おいしいお店やおしゃれなお店はたくさんあるし、めちゃ便利やん。

仕事の面に関しても、20代だったからか事務経験があるといえば割とすぐ仕事は見つかりました。

働き始めると「ああ、このレベルだったら普通に働けるな」と思いました。
職業や職種によって程度の違いはあれど、まあ誰でも働けますし、意外に東京の人は、有能な人ばかりじゃないんだなと安心しました。笑

格差は明らかにある


私の友人や知り合いにあまり貧しい家庭がいないのもありますが、東京だと中流階級から上流階級の差も凄まじいですね。

田舎の中流階級は両親ともに公務員・大企業勤め、上流階級は地元企業の経営者などで留まりますが、東京では社長・地主・資産家レベルのびっくりするほどの金持ちが特出して多くみます。

東京の都心の住宅街に高級外車がたくさん止まっていて、本当に金持ちってやっぱ東京に集まるんだなと感じましたね。
そもそも駐車場代が田舎の家賃ほどある東京で、車を持つこと自体本当にお金持ちだと思い知りました。

ゆきち
ゆきち

都心にマイホームなんて夢のまた夢なんやで

家賃相場や物価も高いけど給料水準も高いのが東京です。

ただ、東京で地方並みの低い給料で働いてしまうとかなり生活は苦しいと思います。

実際わたしも低収入(手取り17万円ほど)で、前職のほうが給料はもらえていました。
職場環境や雰囲気を総合して今の職場のほうが断然良いですが、お金はやはり大事です。

▼定収入ゆるキャリお仕事のお話

田舎より気楽に暮らせている

東京ではいい意味で、過度に干渉しない人が多いような気がします。

よく隣人の顔も名前も知らないといいますが、私はそれでいいと思います。

私の東京での人間関係は職場だけなのですが、誰も他人のことに構っているほど暇じゃありません。

逆に田舎の人は娯楽が少ないのか、人の家のプライベートなことを話したりしますよね。
放っておけばいいのに、と思うけどそれしか話題がなかったりして…。

東京で知り合いもいなくて寂しいかなと不安に思っている陰キャは安心してください、田舎よりめっちゃ気楽です。笑

それでは、コミュ障陰キャこそ東京暮らし楽しめているよってお話でした。

ゆきち
ゆきち

私は結婚しているので、将来マイホーム・子育て・田舎の実家・両親の介護どうする問題がでてくるとは思いますがしばらくは東京で気楽な自由な生活スタイルを楽しもうと思います。

▼読んでくださり、ありがとうございました!記事が良かったらクリックよろしくおねがいします

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました